FC2ブログ

堆肥作り夏の陣

先日の桜並木の草刈りで大量の草をゲットしたので、早速堆肥を作ってみました。
ただし、今回は草の量が多く切り返しをするのも大変そうなので、切り返しをしないで済む方法を考えてみました。

まずホームセンターで排水パイプを買ってきて、適当な長さにカットして地面に立てます。

SBCA0003 (7)

そこに草、米ぬか、もみ殻の順番で積み上げて行きます。

SBCA0001 (9)

ひたすら積み上げて

SBCA0002 (9)

完成です。

この排水パイプは表面がメッシュ状になっていて、このパイプから空気が通り、切り返し無しでも発酵が続んじゃないかなぁ・・・ということで実験的にやってみました。

草刈りから既に2日経っていて早くも発酵が始まっています。干し草の匂いというか牧場の匂いがします。
温度も早速60度に達し、朝は湯気が上がるほどになりました。

順調、順調と思っていたら、発酵熱に吸い寄せられたのか大量のブヨが集まり、顔を何ヶ所も刺されて顔がボコボコになってしまいました。

CEOも次の日に顔を刺されて、夫婦そろって顔が腫れています。
二人ともまぶたが腫れて、殴り合いの夫婦喧嘩の後といった感じです。

とういうことで堆肥の観察をしたいのですがブヨが怖くて当分近寄れないので、その後の堆肥の様子は当分報告できそうにありません。

コメントの投稿

非公開コメント

虫除けスプレーの作り方

うちの娘の通う幼稚園で使っている虫除けスプレーの作り方です。

ハッカ油と20倍の量の精製水を混ぜるだけ。
ラベンダーオイルを数滴加えると効果が増します。

ハッカなので傷があるとしみますが、少なめにスプレーして伸ばして使うと大丈夫です。

ぶよは蚊と違って皮膚を噛み切って吸血するので、ちくっ!とした痛みが走ります。
傷口から血が出るようであれば絞りだし、水で洗い流します。
その後、市販のかゆみ止めや、抗ヒスタミン剤含有ステロイド剤を塗ると良いそうです。

以上、保育の一環として週1里山へ繰り出す幼稚園の先生方から教えていただいた虫対策でした。

Re: 虫除けスプレーの作り方

かりん♪みずほ♪しおんちゃん

ありがとうございます。早速作ってみます。
と思ったらぶよに相当懲りたのか、CEOがネットで調べてハッカ水を作っていました。

俺はホームセンターで麦わら帽子に付けるネットを買って、長袖・長ズボンで皮膚の露出をなくして農作業をしています。

ぶよの大発生も一時的なものだと思いますが、一度痛い目に会うと過剰反応してしまいますね。
今日はほとんどぶよを見かけなかったので、段々と落ち着いてくると思いますが油断しないよう対策は続けていきたいと思います。
プロフィール

中川 崇

Author:中川 崇
広島県世羅町で農業に挑戦!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク