FC2ブログ

稲刈り体験2012

忙しかった稲刈りも終わり、すっかり涼しくなって秋めいてきました。
その稲刈りの最終日に地域の子供たちを集めて恒例の稲刈り体験をしました。

まずは田んぼの四隅を手で刈ります。

20120930-1.jpg

そして、そのその後はコンバインでゴーッと刈っていきます。

20120930-2.jpg

子供たちもちょこっとだけ一緒に乗って運転の雰囲気を楽しみます。

今回は田んぼで働く親たちの背中を見せたい!
という趣旨でしたので、お母さんたちもコンバイン初体験。

20120930-3.jpg

恐る恐る運転し、無事稲刈り終了!

お昼までに予定の作業を終了して、その後は皆でお昼ご飯をいただきました。
今回は薪で炊いたご飯を食べたい、ということではがまでご飯を炊きました。

20120930-4.jpg

これはご近所の先輩ファーマーご自慢のロケットストーブ。
オイル缶とL字型のトンネルを使ったシンプルな作りのストーブなのですが、これが優れもので、僅かな薪でお米が炊き上がります。

そして炊き上がったご飯でカレーライスを作ってみんなでいただきました。(食べるのに夢中で写真を撮り忘れました)

薪で炊いたご飯は最高!
外で食べるカレーはうまい!

みんなモリモリ食べておなか一杯。

楽しく、おいしく、今年の稲刈りを終えることができました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コンバイン体験乗車いーなぁ!!!

東京の端っこの町田市では、まだ重たそうな稲穂をつけた稲が田んぼに残っています。

こちらの小学校では 5年生で近所の田んぼをお借りして稲作体験を
します。
保護者もお手伝いをさせていただくのですが、「田んぼに入るの、生まれて初めて。」という方も多いとか。
「毎日食べているお米が、お金を出して買う商品から、自然の恵みと人の努力の賜物に 価値観変わるわよ~!」という、先輩お母さんの言葉が印象的でした。

我が家も来年は5年生。コンバインは無理としても、稲作体験を親子で楽しみにしています♡

Re: No title

町田の子♪さん

5年生で稲作体験するんですね!
田舎では 法人化が進み 家庭で米作りのお手伝いができなくなっています
この地域で生活していても 全く未経験という子供たち沢山いますよ
都会の方が進んでるなー

少しでも経験させてやりたいと 親子で米作りのお手伝いをする!というイベントにして
無理のない範囲でずーっと続けられるようにと 子供会で企画しています
子供会といっても こどものいる家庭4軒なんですけどねv-12
コンバインの操作 簡単だと思っていたのにv-356
両手での操作に戸惑いました(難しいv-393
法人のオジサマ方に 来年は稲刈り頼むの!と言われ冷や汗かきました
 
プロフィール

中川 崇

Author:中川 崇
広島県世羅町で農業に挑戦!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク