スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山椒の実

畑の脇に山椒の木があります。
山椒の木は雌雄があるらしく、毎年実をつけないのでこの木は雄だと思っていたら
今年初めて実が成りました。

20120606-1.jpg

どうやら実をつけるまで何年か必要なようです。

早速、収穫してみました。

20120606-2.jpg

初めての収穫はわずか90グラムでした。
青い実を一口食べてみると
次第に舌が痺れてきました。

山椒はピリリと辛いといいますが、
唐辛子のような辛さではなく痺れる辛さです。
かつてはこの痺れる成分を利用して局部麻酔に使っていたこともあるそうです。

このままでは食べられそうにないので、どうするのか奥さんに聞くと塩漬けか醤油漬けにするそうです。
できあがりを楽しみに待つことにします。

スポンサーサイト
プロフィール

中川 崇

Author:中川 崇
広島県世羅町で農業に挑戦!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。