スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の兆し

去年の9月に植え付けた白菜。
植え付けが遅かったせいか、結球せず収穫できませんでした。
その白菜が・・・

20120306-1.jpg

中心部が盛り上がってきて、

20120306-2.jpg

菜の花がつきました。

アブラナ科の野菜は春まで置いておくとトウが立って菜の花が収穫できます。
数あるアブラナ科の中でも白菜の菜の花はほとんど苦みがなくとても甘いのが特徴です。

おひたしや浅漬けでもおいしいのですが、何といっても採れたてを生で食べるのが一番おいしいです。
柔らかそうな茎を見るとついつい食べてしまい、なかなか収穫作業が進みません。

今日は久しぶりに暖かく、菜の花もキュッと伸びてきたので明日あたりからボチボチ出荷します。
今だけの旬の味、是非お楽しみください。

スポンサーサイト

結果オーライ!

菜の花が最盛期を迎えています。
菜の花といっても我が家の菜の花は、普通のとはちょっと違います。

20110426-1.jpg

右から小松菜、わさび菜、のらぼう菜、こぶ高菜の菜の花(その隣はわらび)です。
普通、菜の花といえば花茎を食べるための専用の品種を育てるのですが、白菜や小松菜などアブラナ科の菜っ葉類を春まで置いておくとトウが立ってきます。これも立派な菜の花として美味しくいただけます。

実はこれらは菜の花を採るために育てたのではなく、野菜が少なくなる3月に出荷しようと目論んで通常の時期よりずらして種を蒔いたら寒さにあたってトウが立ってしまった野菜たちなのでした。

トウが立つと葉っぱはもう大きくなりません。あーあ計画失敗と思っていたら、次から次へと菜の花が立ちあがって、食べてみたらこれが美味しい!

どれも柔らかくて甘くて春の香り満載です。
よっしゃ、こうなりゃ菜の花で出荷したれ。

20110426-2.jpg

えーと、菜の花専業?みたいな感じになってます。

結果的に無駄にすることなく出荷できました。
というか菜の花は次から次へと出てくるので、菜っ葉で出すより効率がいいかも?

うーん来年の栽培計画が大幅に変わりそうです。

プロフィール

中川 崇

Author:中川 崇
広島県世羅町で農業に挑戦!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。