スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サツマイモ苗作りスタート

今年もサツマイモの苗づくりをします。

去年収穫したサツマイモの冬越しは上手くいったでしょうか?

20130327-1.jpg

例によって1本ずつ新聞紙に包んで暖かい部屋で保管していました。

20130327-2.jpg

無事冬越しできました。

ん?芽が出てる?
3月に入ってからの陽気で室温もかなり高くなったので芽が出たみたいです。

そうか!土に埋めなくても芽がでるのか!

本当ならここから温床に伏せこんで発芽を促すところなのですが、踏み込み温床は温度管理が難しいし準備も結構大変です。
もしかして、土に埋めずにこのまま高い温度の中で置いておけば全部のイモから芽が出るのでは?
そして、芽が出てから植え付ければ温床が無くてもトンネルやべた掛けで苗が育つんじゃないだろうか?

ということで、今年は温床への伏せ込みはやめます。
日中は日向に置いて、夜間は部屋の中に取り込んで芽出しをしてみようと思います。

これが上手くいけば温床を作る手間が省けるかも。
実験開始です。
スポンサーサイト

ようやく収穫

予定よりだいぶ遅れてしまいましたが、サツマイモの収穫をしています。
本来なら10月下旬までには終わらせないといけないのですが、ほかの仕事とかぶって後回しになってしまいました。



今年はコガネムシの幼虫による食害が少々目立ったけれども、イモの大きさも十分でまずまずの出来です。

品種は「べにはるか」

焼き芋にするとネットリとした食感で蜜のような甘さがあります。
最近テレビなどにも取り上げられることも多い注目の品種で、先日観たテレビ番組では鹿児島県以外では殆ど手に入らない希少品種と言ってました。

でも、このイモの苗は3年前に通販で買いました。
普通に通販でかえる希少品種っていったい・・・

それはともかく味は確かに抜群です。
ストーブの上などで、じっくり時間をかけて焼くと蜜が溶けだしてネットリした焼き芋になります。

「べにはるか」おすすめです。

サツマイモ伏せ込み2012

去年の秋に収穫したサツマイモを保存しておいた段ボールを取り出しました。

20120329-11.jpg

サツマイモを1本1本新聞紙に包んでダンボールに入れて暖かい部屋の中に置いておくと、厳しい世羅町の冬も乗り越えることができます。
これはネットで見つけた越冬方法なのですが、新聞紙に包むのがポイントだと思います。収穫後もサツマイモは呼吸していてビニール袋や発砲スチロールに入れておくと汗をかいてカビてしまいます。新聞紙が湿気を吸収して丁度よい環境になるのだと思います。

20120329-12.jpg

おかげで今年も無事に冬越しができました。

そして、これを畑に並べていきます。

20120329-13.jpg

全部で90本。
この上から土をかけて、マルチをかぶせてビニールトンネルをしてサツマイモの伏せ込み完了!

去年は踏込温床に伏せこんだのですが、この時期にはもう温度が下がって温床の効果はありませんでした。それでも1か月後にはちゃんと発芽したので今年は温床ではなく畑に伏せこんでみました。
しかしちょっと心配なのでマルチ+トンネルの2重被覆で地温上昇を図ります。

今日は気温が20度近くまで上がったせいか、地温は10センチの深さで15度まで上昇しました。
このまま暖かい日が続けば無事発芽してくれるでしょう。

サツマイモの苗ができました

3月に温床に伏せこんだサツマイモです。

20110523-1.jpg

温床の温度が下がって発芽まで1カ月もかかってしまいましたが、なんとか無事発芽してつるの長さも30センチぐらいになりました。
これを切り取って苗にします。

20110523-2.jpg

切り取った苗は一旦しおれさせます。
そうするとよく発根するそうです。

そして、しおれた苗を水につけてシャキッとさせてから畑に植え付けます。
植え付けから約100~110日で収穫となります。

ちょうど稲刈りのころの収穫になりそうです。
まさに実りの秋となるか今から楽しみです。

さつまいも伏せこみ

ナスの育苗失敗にいつまでも落ち込んでいられない。
この時期はやることがたくさんあるのです

本日はさつまいもの伏せこみをしました。

普通は5月頃にさつまいものツルを買ってきて畝に挿していくのですが、今年はさつまいもの苗を自分で仕立ててみようと思い、去年から種イモを保存していました。

さつまいもは寒さに弱く、防寒しておかないと凍みて腐ってしまいます。
今回はネットで見つけた保存法で、さつまいもを新聞紙でくるんで段ボール箱に入れて部屋の中で保存するという方法を試したところ

20110329-1.jpg

見事に冬越し成功。
全部無事でした。

この種イモを使って苗を作ります。
まず、踏み込み温床に土を敷いて、その上に種イモを並べていきます。

20110329-2.jpg

その上からさらに土を被せます。
温床の熱を利用して、発芽を促して約10日で芽が出てきます。さらに1カ月苗を育てて5月にイモ挿しを行う予定です。

約40個伏せこんだのですが、どの位の苗ができるのでしょうか?
初めての試みなので全く予想もつきませんが経過を見守っていこうと思います。

プロフィール

中川 崇

Author:中川 崇
広島県世羅町で農業に挑戦!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。